東京国立近代美術館は大きく分けて3つの施設がある

スポンサードリンク       プライバシーポリシー



東京国立近代美術館には一日では回りきれない程たくさんの興味深いものがあります。大きく分けて3つの施設があるのですが、それが美術館工芸館フィルムセンターです。

どれも多くの展示品を所蔵しており、また何があるかは公式サイトの「所蔵作品総合目録検索システム」を利用することにより、足を運ぶ前に事前に調べることができます。

このシステムでは東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館の4施設に所蔵されている作品を検索することができます。

また「所蔵映画フィルム検索システム」もあり、フィルムセンターに目的の映画があるかどうかも調べられます。
問い合わせをせずに自分で自宅から調べられるというのは本当に便利ですね。


東京国立近代美術館 MOMATパスポートがお得!

図書も置いてありますので、普通の図書館のサイトのように図書検索ももちろんできます。
観覧料は大人で420円ですが、「MOMATパスポート」という1年間、上記の3つの施設の観覧を
何度もできる観賞券があります。  しかもよくある観賞券と違って、これは買った日から有効日が始まるのではなく、
初めて利用した日から1年
なので、プレゼントにされる人も多いようです。
1枚1000円なので、3回行ったら元がとれてしまいますのでおすすめです。

また東京国立近代美術館はバリアフリーにも力を入れています。
一般の人は車でのアクセスはできないので公共交通機関を利用して行くことになるのですが、体が不自由な方の場合は
駐車場があるので、警備員さんにお願いすると使用できます。

また多目的トイレも完備、車椅子も貸し出しサービスがあり、出入り口は自動ドアで、スロープになっています。
小さいお子さんをお持ちの方でも一緒に観覧できますし、貸し出しベビーカーも用意されていて、多目的トイレには
おむつ替えができるスペースもありますので安心して連れて行くことが出来ますね。


SPONSORED LINK



東京国立近代美術館には「フレンチの鉄人」石鍋裕シェフプロデュースのカフェ・レストランも!

東京国立近代美術館の開館時間は通常10時から17時なのですが、金曜日は20時まで開館しています。

中にあるレストランは「フレンチの鉄人」で有名な石鍋裕シェフプロデュースのカフェレストランがあります。
とても綺麗なレストランで、テラス席からは皇居お濠が見れます。
予約もできますので混雑しそうな日であれば事前に予約しておくといいかもしれませんね。

美術に興味がある方がお一人でも行かれるのも楽しいでしょうし、デートコースに組み込むのもいいでしょう。
東京国立近代美術館でゆったりとしたアートな時間を過ごしてみるのはいかがですか。


スポンサードリンク